産み分けをして男の子を授かったママは、日々いったいどんな努力をしていたのか気になったことはありませんか?

”男の子を妊娠する秘訣があるなら教えて”というあなたはコチラの記事をチェック!

実際に産み分けで男の子を授かったママに、どんな努力をしていたのかアンケートをとってまとめてみました。

「どうしても男の子の赤ちゃんが欲しい」と願っている方はぜひご参考ください。

①排卵日検査薬を使った

男の子になるY精子は、女の子になるX精子と違って寿命が短いという特徴を持っています。

そのため、男の子が欲しいなら排卵日当日が決戦の日♪かといって、基礎体温表だけでは確定しづらいのが排卵日ですよね。

男の子の受胎日を正確に判断するための情報は多い方が圧倒的に有利。

だからこそ、排卵日検査薬をドラッグストアなどに買いに行って、タイミングを見計らったというママが多いようです。

排卵日検査薬はリーズナブルなアイテムではありませんが、男の子の産み分け日が1日前にわかるならやっぱり試しておきたい1品。

「使ったことないよー」という方は、ぜひトライしてみることがおすすめです。

②おりものを観察した

「男の子の産み分けに成功したよ♪」というママのなかには、おりもの観察に勤しんだというケースも。

排卵日が近づくにつれて増えてくるのが水っぽいおりものですよね。

排卵日当日ともなれば、ところてんのようなびろーんと伸びるおりものが出現する人も多いよう。

ダイレクトなおりもの観察が平気なママは、思い切って膣内に清潔な指を入れ、頸管粘液を取り出してみましょう。

親指と人差し指を使い最大限に距離をあけて、頸管粘液の伸び具合をチェックします。

目一杯伸ばしても伸びが切れなければ排卵日当日である可能性が高いのだそうです。

男の子の産み分け日診断は産婦人科に通うことでさらに正確な受胎日がわかるようになりますが、「そこまではちょっと…」という方には上述の排卵日検査薬とおりもの観察を組み合わせて判断することがおすすめです。

③夫にカキやカツオ、牛肉を食べさせた

せっかく排卵日当日がわかっても、いざというとき夫が役に立たないようでは全ての努力が水の泡となってしまいます。

そのために男の子の産み分けに成功したママが密かに実行していたのが、夫の精力をUPさせる努力です。

亜鉛はセックスミネラルとしても有名で、男性用の精力剤には必ずのように含まれている栄養素。

精子の生成にも深く関与していると言いますし、一発命中させるためにも摂っておいて損はないといえるでしょう。

亜鉛を多く含む食材はカキ、カツオ、牛肉など。

一度に大量摂取するよりもこまめに食事に入れたほうが効果的なようです。

④リンカルを飲み続けた

男の子の産み分け確率を高めるために、リンカルを毎日飲み続けたママもいっぱい♪

リンカルとはリン酸カルシウムのことで、本来は赤ちゃんの無脳症予防のために飲まれていた錠剤です。

しかし、なぜかリンカルを服用していた女性に男の子が多く産まれたという結果になったことから、男の子の産み分けサポートアイテムとして有名になりました。

飲むだけで希望の性別の赤ちゃんに会える可能性が高まるならぜひ飲んでおきたいところ。

リンカルは2か月以上飲み続けることで男の子の産み分けに貢献するのだそう。

また、5日間飲み忘れると、最初から飲み直しとなってしまうのでお気をつけあれ。

⑤夫に禁欲してもらった

夫に禁欲させてから産み分けセックスするのも、男の子に出会うためのひとつの努力。

男の子になるY精子は、女の子になるX精子より数が2倍もあるなんて言われています。

しかし、女性の膣は普段からY精子が苦手な酸性です。

排卵日当日はY精子に有利なアルカリ性に傾いているものの、それでもたくさんのY精子が子宮へ到達することなく果ててしまうのだそう。

そのため、男の子の産み分け確率を高めるためには、Y精子の数をできるだけ増やしておくことが大切なのです。

Y精子の数を増やす方法とは、夫に禁欲させることがいちばん♪

男の子の産み分けセックスをする前の5日間を禁欲するのが、男性に無理のない範囲で最適なんだそうです。

⑥体位を工夫した

スピードは速いものの持久力がないY精子。

酸性よりの膣内を駆け上り、子宮まで到着する距離が長ければ途中で死んでしまう可能性が高まってしまうのだそうです。

そのことからも、男の子の受胎にはY精子のパワーをあまり使わせないように深い位置で射精するのがマスト♪

セックス時は夫と深く結合できるよう、体位を工夫したというママが多いです。

・バック(女性が四つ這いになり、後ろから挿入する)
・屈曲位(正常位から女性の両足を持ち上げて挿入する)
・高腰位(女性の腰の下にまくらやクッションを敷いて挿入する)

男の子の産み分けなら、以上の体位がおすすめ。

ぜひダンナ様といろいろ試してみてくださいね。

⑦夫の睾丸が温まらないようにした

一瞬、「え?」と驚いてしまいそうな努力ですよね。

だけど、これは男の子の産み分けに貢献できる努力として信憑性のあるものなんだそう。

実は、男の子になるY精子は熱に弱いらしいです。

そのため、ダンナ様にブリーフではなくトランクスを履かせたり、熱いお風呂に長く入らないようにしてもらって睾丸が温まらないようにするのがポイント。

とくに、受胎セックス当日は夫にこれらを遵守させたというママが多いよう。

ダンナ様があったかいのが好き””なら、今日からでも早速、ブリーフ&熱いお風呂禁止で行きましょう♪

⑧射精後は腰から足を上に向ける

精子を濃くして射精に至っても、スグに膣の外へ流れ出してしまっては男子妊娠の効果が薄くなってしまうかもしれません。

Y精子たっぷりの精液は、できるだけ膣の奥深くへとどめておくようにしましょう♪

男の子産み分け日のセックスで射精完了後は、腰から足を高くあげてみてください。

実際に30分ほど行ったというママがおられました。

体全体がL字になるように、壁を利用して足をかけておけばラクチンで便利です。

⑨夫婦ふたりの体調を整えた

男の子の産み分けには、夫婦ふたりの体調を整えておくことも必須。

仕事で疲労困憊だったり、夜更かしで睡眠不足になってしまったりしていれば、排卵日の乱れや精液の生産低下につながってしまいます。

週末はゆっくり自宅で過ごしたり、美味しいものを食べてリラックスしたりなど、ストレスを貯めないようにしっかり体調を整えておきましょう。

うがい・手洗いを徹底して風邪にかからないよう気をつけたというママもおられますよ♪

⑩オーガズムを迎えてから射精した

男の子の産み分けは、女性がたくさん感じてからの射精が必須。

快感を覚えると膣内に頸管粘液があふれて、男の子になるY精子に有利な環境がつくれるんです。

ダンナ様に前戯を頑張ってもらっちゃいましょう♪

女性がオーガズムを迎えてからの挿入ならさらに良し。

・・・ですが、ダンナ様をどんなに愛していても、なぜか濡れにくい体質のママもおられます。

快感を得にくいと膣内でY精子をサポートすることが難しくなってしまいます。

濡れにくい体質のママが悩んでいたところ、お友達からこんな話を聞いたそうです。

「男の子の産み分けに役立つグッズがあるよ~♪」

そのお友達も男の子のママ♪

かつて、快感を得にくい自らの体質に悩み、お役立ちグッズを手に取ってみたのだそうです。

男の子の産み分けに便利なお役立ちグッズとは、グリーンゼリー

無害な物質からつくられたグリーンゼリーは、セックスの前に膣内へ注入するだけで簡単にアルカリ性にしちゃうことができる男の子産み分けのサポートアイテムです。

産み分けは結局50%の確率で男になったり女になったりするのでしょうが、男の子を希望するならそのパーセンテージをできるだけ高めておきたいものですね。

グリーンゼリーはY精子の子宮到達を助けることができて、さらに挿入時の緩衝材効果もあります。

膣内の酸性度合いは個人差が大きいのだそう。

「どうしても男の子が欲しい」そんなあなたはぜひグリーンゼリーも活用してみてくださいね♪