100%すべて産み分ける事は出来ないですが、産み分けゼリーを活用して男の子、女の子を産み分ける夫婦は増加傾向にあると言えます。

産み分けゼリーの効果的な使用方法は?

産み分けゼリーの効果的な使用方法としては、
使用してから時間がたつと効果が薄れてしまう事が多いので、10分以内に行うことが大事
です。

合わせて
1回の性交で1本使用する事が大事になり2本以上の使用は衛生的によくないので容量を守ること
が効率的に産み分け出来るポイントと言えます。


女の子を産みたいと考える場合は排卵日2日前で、男の子の場合は排卵日当日に性交を行うこと
で、産み分けゼリーの効果と合わせてタイミングも大事です。


排卵日に合わせてタイミングを持つことをタイミング法と呼び、産み分けゼリーの効果をより高めてくれるといえます。
産み分けゼリーを使用する事を考えるときに理解するべき事として、

すべて思い通りにいくとは限らない

という事です。


産み分けゼリーを使用した後の時間や容量を守ることは効果的な使用方法で、タイミングも大きく影響します。


正しい使い方をすれば最大80%まで成功確率を高める事が出来るアイテムです。
のちの人生を考えて理想の家族計画を実現させる為にも産み分けゼリーを効率的に活用する事が大事です。

産み分けゼリーで男の子の成功確率を上げるには?


産み分けゼリーを使用して男の子の成功確率を上げる方法としては、
女性の膣内をアルカリ性に傾ける事が大事
になります。


男性の精子のY染色体と受精することで男の子が生まれます。
Y染色体はアルカリ性で活動する特徴があるので、女性の膣内をアルカリ性に傾ける事でY染色体と卵子が受精しやすくなるので男の子が生まれる可能性が高くなります。


産み分けゼリーを利用するときに合わせて理解しておくことととして、具体的に
男の子を出産するために欠かせないY染色体精子を増やすことをするには男性の禁欲が効果的
と言われています。


卵子はX染色体のみなのですが、静止はXとYの染色体があり、Y染色体は動きが早く寿命が短い性質があります。
禁欲との接点があります。
理想としては、
5日から1週間の禁欲が良いと言われていて、イメージとしては男の子の確率を上げる為にY染色体の数で勝負する
という事です。


禁欲は影響が大きいと言われていますが、長すぎても良くないので注意が必要です。
前提として産み分けは、基礎体温がしっかりと高温期と低温気に分かれることで、排卵日がわかるようになることが重要で、禁欲なども大事ですが、産み分けゼリーを使用するときに排卵日に性交する事が望ましいと言われるので、タイミングも大きなポイントです。

産み分けゼリーで女の子の成功確率を上げるには?


産み分けゼリーを利用して女の子を出産したいと思う場合には、
産み分けゼリーのピンクゼリーを使用する必要
があります。


女性の膣内を酸性の環境にしてあげる必要があり、男性の精子の染色体のX精子が受精すると女の子が生まれることになります。


精子のX染色体は酸性の環境で活動を活発化させる性質があるので、
膣内を産み分けゼリーを利用する事で、酸性に近づける事で、X染色体と卵子が受精しやすい環境を作ってあげます。


産み分けゼリーを利用する事と同時に成功可能性を上げる事として
男性のカフェインの摂取を抑えること
が大事になります。
カフェインには、Y染色体精子を元気に活発にする効果があると言われていて、女の子を得るにはコーヒーや紅茶などのカフェインを摂取することは避ける事が良いです。


産み分けの確率において、100%産み分けられる可能性はないですが、バランスの良い食事を心がける事は前提として、染色体の影響が大きく出る女の子が欲しければ肉類を多く摂ることが肝要と言えます。
産み分けゼリーを利用すると同時に生活の習慣を見つめなおすことが一つの選択肢として挙げられます。