産み分けをしたいものの、方法がわかりにくかったり、忙しくてなかなか取り組めなかったりしてお悩みではないでしょうか。
コチラの記事では、わずか60秒でできる高確率の産み分け方法をご紹介しています。
誰でも簡単にトライできますから、


「希望する性別の赤ちゃんが欲しい」
「産み分けに興味がある」


というひとは是非ご参考ください。

産み分けとは何をすること?
いつセックスするかがキーポイント

産まれてくる赤ちゃんの性別に希望を抱くご夫婦がたくさんおられます。
女の子が欲しい、男の子が欲しいなど、赤ちゃんに対する夢はどんどん膨らんでしまうものです。
そんなママとパパのためにあるのが高確率で希望の赤ちゃんを授かることができる産み分け法。


産み分けとは、
「赤ちゃんをつくるときに精子の種類に狙いを定めること」
を言います。


精子は女の子となるX精子、男の子となるY精子の2種類のみ。
女の子が欲しいならX精子を、男の子が欲しいならY精子を受精すれば良いのです。
では、どうすれば精子の種類に限定して赤ちゃんをつくることができるのでしょうか。


答えは、
いつどのようにしてセックスするか
がキーポイントとなってきます。

セックス次第で性別が決定するのはなぜ?精子にはそれぞれ特徴がある

いつどのようなセックスをするかで高確率に赤ちゃんの性別を産み分けることができるなんて不思議に感じてしまうでしょう。
しかし、それは精子の特性や寿命、さらにはそのときの膣内部が酸性かアルカリ性かによって大きく左右されることにあります。


女の子となるX精子は酸性に強く寿命は2~3日と長くありますが、
男の子となるY精子はアルカリ性に強く寿命は24時間ほどしかありません。
そして、精子が通過する膣内部の粘液は普段、弱酸性となっているのですが、
行為中にオーガズムを感じたり、
排卵によって頸管分泌液で膣内部が満たされたりするとアルカリ性に傾くようになるのです。



さらに、子宮のなかで待ち受ける卵子の寿命は8時間程度になります。


このことからも、女の子が欲しいならY精子の寿命が尽きる2日前ぐらいの膣が酸性のときに淡泊なセックスをすればOK。


反対に男の子が欲しいなら、排卵日当日で膣内部がアルカリ性ときに濃厚なセックスをすればベスト。

このように、産み分けをすれば高確率で希望の性別を授かる可能性が高くなるということなのです。

たった60秒でOK?
手間なし・高確率の産み分けゼリーとは


希望の性別を持った赤ちゃんは欲しいけれど、それでもやっぱり産み分けはちょっと手間に感じてしまうのではないでしょうか。


そもそも排卵日の2日前や当日を確定するなんて、
排卵検査薬を使ったり、
医療機関を受診して調べてもらったりすることが必要になってしまいます。


もしくは基礎体温計を利用して排卵日を特定することも可能ですが、仕事や家事で忙しい朝になかなかそんな時間までとれませんよね。


さらに、産み分けしたい赤ちゃんが2人目、3人目であれば上の子をお世話しながらの妊活になるため、
ますます産み分けにトライすることが難しくなってしまうでしょう。


そこで、排卵日もセックスの方法にも気を遣わずにたった60秒でトライできてしまうのが産み分けゼリーです。

産み分けゼリーとは、膣内部に小型の容器を使ってゼリーを注入し、人工的に酸性・アルカリ性の環境をつくるアイテム。

成分も人体に無害なクエン酸などから作られていますから、ママや赤ちゃんへの安全性も実証されているので安心です。

膣内部への注入もタンポンの挿入とほとんど一緒。

だから、たった60秒で産み分けできてしまうというわけであります。
このように産み分けゼリーなら、手間がないうえに80%もの高確率で希望する性別の赤ちゃんを狙うことができてしまうので、産み分けに興味があるなら是非検討されてみてはどうでしょうか。

高確率・産み分けゼリーの特徴5選!
上手に使って待望の赤ちゃんに会おう

最後に、簡単・高確率で妊活できる産み分けゼリーの特徴をまとめてお伝えしたいと思います。

排卵日特定の煩わしさから解放される
(さらに確率をあげたいなら排卵日の特定が必要)
膣内環境を気にする必要がない
わずか60秒で産み分けできるため、忙しいひとでも気軽に試せる
パパが産み分けに無関心でも、ママのみで実行可能
1回につき1,000円~2,000円の低コストで産み分けできる
(医療機関を受診した人工授精による産み分けは1回につき万単位と高額。)



このように、産み分けゼリーは本来通院が必須で高額になってしまう産み分けがお手軽な値段でトライできる優秀な妊活アイテム。
さらに、産み分けに精通した専門のお医者さまもオススメしているぐらい大人気でもあるのです。

わずか60秒で準備完了の産み分けゼリーなら、お仕事や育児に追われる忙しいママでも、気軽に上手に使うことができるといえるでしょう。

高確率での産み分けをしたいひとは、ぜひチェックしてみてくださいね。