男の子は女の子よりも、比較的簡単に作りやすいと言われています。

というのも、男の子の精子は、女の子に比べて運動能力が高く、勢いがよいため、うまく排卵日に重なれば、一番ノリに卵子と出会い、受精することができるからです。

ゆえに、排卵日に受精すれば、男の子が生まれる確率がグッと高くなります。

女性の排卵日に合わせて夫婦の営みをすればよいだけなので、方法としては分かりやすく簡単です。

男の子の精子は、とにかく活動的ですが、あまり長生きできないのが特徴です。

卵子のあるべきはずのところに行っても、まだ卵子が排卵されていなければ、排卵前に息絶えることも考えられます。

とにかく排卵に合わせて営むことが重要です。

そして、その後、うまく精子が受精するかどうかは、神様のみが知るところ。

運を天に任せるしかありません。

ゆっくりと体を休めて、ストレスを解消しながら、心身共に健康に過ごしていれば、きっと受精してくれるはずです。

受精してそれが子宮に着床するまで約2週間。

その間、焦ることなく、じっくりと卵が着床するのを待ちましょう。

また、お茶などのカフェイン飲料は、妊娠するかどうかわからない時期であっても、流産する確率を高めてしまうため、控えるようにしましょう。

元気な男の子の赤ちゃんを抱っこできるように、できる限りのことはして悔いのないように過ごしましょう。